本文へスキップ
日本語English

コンテンツ


                                         < 記事一覧へ戻る

会員記事



世界を揺るがすフーシ派のドローン攻撃
牧田純平(2019.10.24)



1. 石油産業における9.11

「これは石油産業における9.11だ」1

 ドローンが、世界のエネルギー供給に激震をもたらした。2019年9月14日、サウジアラビアのアブカイクにある石油精製施設及びクライス油田がドローンによる攻撃を受けて炎上、石油生産量が半減するほどの被害が生じ、石油市場だけでなく世界経済に動揺が走った。

 日本では主に石油価格の変動に注目が集まっていたが、ドローンという一兵器が世界経済全体を揺るがすほどの被害を生じさせたという点で、ドローンの軍事利用という観点からも非常に注目すべき事件である。また、アメリカ-イラン間の交渉が継続中の最中で発生した攻撃事案であることから、中東情勢に与える影響という観点からも目を外すことが出来ない事案である。

 こうした重大な事件であるがゆえに、誰が行ったのか、どのように行ったのかについて、今もって関係者間での論争が続いている。本稿では、本攻撃事案の概要と本攻撃を巡る議論を概観した上で、いくつかの要点の考察を通じて、誰が、何を使って攻撃したのかという問いに対する一つの見解を示してみたい。


2. 攻撃の概要

 ①攻撃直後の動向

 9月14日、サウジアラビア内務省の報道官が、サウジアラムコ社のアブカイクの石油精製施設及びクライス油田がドローンによる攻撃を受けて火災が発生したと公表した2

 フーシ派はこれに引き続く形で、ドローン10機によりアブカイク及びクライスを攻撃したと発表、本攻撃はフーシ派が実行したものだと早々に宣言した3

 サウジアラビア国営放送は、攻撃後も同国の石油輸出は継続中であると発表4、攻撃による石油市場への影響を最小限に抑えようと試みたが、本攻撃により同国の一日当たり石油生産量が半減するほどの打撃を受けたとする報道が流れるなど、世界の石油市場に大きな動揺が走った5

 翌15日、アメリカのポンペオ国務長官はツイッターにて、本攻撃はイランが実行したとするツイートを投稿6。米政府関係者も匿名で、攻撃を受けたのがアブカイク石油施設の西部・北西部であること等から、本攻撃はイエメンのフーシ派によるものではないと発言した。トランプ大統領も「我々が、犯人を突き止めている」とツイートするなど、アメリカは一体となってイランの責任を追及し始めた。

 イラン外務省はアメリカによるこうした非難は意味が無いと反論7、イラン革命防衛隊の幹部も声明を発し、イランから2000km半径以内にある米軍の基地や空母はミサイルの射程距離内にあるとして、強硬な発言をするアメリカ政府をけん制した8

 一方、複数のイラクメディアは、今回の攻撃がイラク国内からなされたと報じた。イラク政府は否定しているものの、イラクからの攻撃を裏付けるかのように、クウェート国内でのドローン目撃情報が報じられ、クウェート政府も、国内でのドローン目撃情報の有無を調査し始めたと発表した9

 9月18日、サウジアラビアは記者会見を開き、本攻撃によって使用されたとするドローンや巡航ミサイルの破片を記者に公開した。国防省報道官は、両施設への攻撃には合計25機のドローンとミサイルが使用され、その中にはイラン製のデルタ翼のUAVやYa Ali型巡航ミサイルが含まれていたとして、発射地点は調査中としつつも、イランによる攻撃と断言した10。トランプ大統領はこの記者会見を受け、本攻撃に関与したとしてイランに対する制裁強化を検討するよう関係部署に対して指示、48時間以内に新しい経済制裁を科すことを発表した11

 一方のフーシ派も、同日に記者会見を開き、本攻撃に使用した兵器を公表、改めて本攻撃を実行したのは自分たちであると宣言した。同時に、アラブ首長国連邦内の複数個所に対して、更なる攻撃を検討していることを明かし、アラブ連盟側をけん制した12

 9月20日、トランプ大統領は、本事件を受けてサウジアラビアの防空・ミサイル防衛を加速化させるため、アメリカ軍兵士をサウジアラビアに派遣すると発表した13。また、大統領は、イラン中央銀行等に対する追加の制裁も発表した14

 また同日、サウジアラムコ社は、攻撃を受けたアブカイク及びクライスの被害状況を世界のメディアに公開、現在全力で復旧作業を進めており、両施設の生産を9月中には事件前の水準に復旧させると発言した15

 ②施設と被害の概要

 アブカイク石油施設は、ダーランのサウジアラムコ本社から南西60km、アブカイクの街の南西部に位置している。世界最大のガワール油田から採取された原油を精製、ラアス・タンヌーラ及びラスアルジュアイマに輸送しているほか、紅海からの輸出のためサウジアラビア西部にも圧送している16。本攻撃前、アブカイクは一日当たり490万バーレルの原油を精製していた。

 本攻撃により、施設内ではおおよそ18カ所で爆発が確認され、施設の南部、中央部、北東部に位置する蒸留設備等が破壊された。攻撃を受けた施設がメディアに公開された際は、円形の貯留タンクやパイプに大きな穴が空いている姿が確認されている。

 クライス油田は、アブカイクからさらに南西190kmに位置するサウジアラビア第二の規模の油田であり、最大で日量145万バーレルの原油を採取することが出来る。メディアへの施設公開時には、破壊された蒸留塔やパイプ設備が確認されている17

 先述の通り、サウジアラムコ社は9月末には事故前の生産水準を回復させると発言した。フィナンシャルタイムズは10月3日付の記事で、サウジアラビアのアブドルアズィズ・エネルギー相による攻撃前の水準に回復したという発言を紹介した。一見して宣言通りの結果を達成したかにみえるが、同紙は発言紹介に引き続き、アブカイクでの復旧作業が継続中なのに、本当に全ての原油が精製・輸出されているのか疑問を呈している18


3. 誰が、何を使って攻撃したのか?

 この攻撃を巡っては、フーシ派が早々に実行者として名乗りを上げる一方、アメリカやサウジアラビアはこれを否定し、イランが直接実施したと主張、名指しされたイランが否定する、というように、誰が攻撃を実行したのかを巡って議論が百出している。いずれの主張も決定的な証拠を欠き、明確に確定をすることは出来ないが、今後の検討の土台とするため、まずは候補として挙げられている主体、使用兵器とそれらに関する議論を確認していく。

 ①攻撃主体に関する議論

 ア)フーシ派
 先述の通り、フーシ派は自ら、10機のドローンを使用して本攻撃を実行したという声明を発しており、イランもまた、この攻撃がフーシ派によって実行された正当防衛行為だとしている19

 アメリカのシンクタンク民主主義防衛財団のBehnam Ben Talebluは、フーシ派はこれまでイランから技術や装備を受け取ってサウジアラビアを攻撃してきたが、フーシ派がサウジアラビアの奥深くにある重要目標に対して攻撃を実施したのは初めてだと語る。

 しかし、アメリカ政府は今回の攻撃はフーシ派の攻撃能力を超える規模と精密さであり、イランが直接実行したと主張している。既に紹介したポンペオ国務長官のツイートの他にも、アメリカ政府はフーシ派の関与を否定する根拠として衛星画像を公開し、画像に写っている爆発位置から、攻撃は北ないし北西の方角、すなわちイラク、イランあるいはペルシャ湾から実行されたと主張している20

 フーシ派の攻撃であることを否定する際に挙げられる理由の一つは距離である。フーシ派がドローンを使用してイエメン国内から攻撃する場合、発進させたドローンを飛行させるルートとしては、サウジアラビア国内を1000km以上飛行するか、イエメン北東部のオマーン国境付近から発し、アラブ首長国連邦及びカタール近くの空域を北方へ辿って飛行するか、いずれかのルートをたどることになる。いずれのルートにしても、ここまで長距離を飛行させる能力をフーシ派は有しておらず、サウジアラビアの防空能力を鑑みれば、フーシ派による攻撃は困難だという21

 なお距離の問題に関連して、サウジアラビア国内に潜伏するフーシ派の工作員が攻撃を実行したと主張する専門家もいる。フーシ派自身が、本攻撃を実行するにあたりサウジアラビア国内の協力者の支援があったことを明らかにしているほか、サウジアラビア国内からドローンを発進させたとすれば、距離の問題はクリアできるためである。

 イ)イラク南部のシーア派民兵
 一方、イラク南部とアブカイクとの間の距離は500~600km程度とイエメンからの距離の半分程度であること、5月11日の石油圧送施設攻撃についてもイラク南部から実行された可能性がある22, 23ことなどから、本攻撃についてもイラク南部のシーア派民兵がイランの支援を受けて攻撃を実行したと主張する者もいる。イラク政府はこのような説を否定しているが、イラク情報機関の高官は、本攻撃がイラク南部から、イラン製のドローンにより実行されたものと語っている。

 なおこの説に関しては、クウェートメディアが、攻撃日の9/14にクウェートのサルワ宮殿上空250mを飛行する3m程度の大きさのドローンの目撃情報を報じているほか、クウェート政府もドローンの目撃情報の収集精査に当たっているという報道もなされている24

 しかし、ドローンが映っているとしてツイッター上で公開された動画25は不鮮明で、ドローンの姿を確認することは出来ないほか、クウェート政府等による情報収集は進められているものの、新しい目撃情報等は現時点では公表されていない。

 ウ)イラン
 これらの説に対し、先述の通り、アメリカやサウジアラビアの政府が一貫して実行者と名指ししているのがイランである。イランが実行者という場合、イラン革命防衛隊などの強硬派が、昨今の米イラン間の協議を妨害するために独断で実行したという可能性と、最高指導者層の同意の下イラン政府が主体的に実行した可能性の2つが想定される。

 前者については、ターゲットの性質、攻撃時期等を鑑みるに、いかに革命防衛隊とて最高指導者層の同意無くして実行するとは考えづらいと分析する専門家がいる。

 一方後者のイラン政府が主体的に実行した可能性については、これまでイランが追求してきたグレーゾーン事態の創出という作戦方針と矛盾しているとして、これも否定的に捉える意見が出ている。しかし米政府は、本攻撃がイランの最高指導者ハメネイ師の指示とロウハニ大統領の了承のもとに7月ごろから計画されていたとの見解を示している26

 なおイランが直接攻撃した場合の発射位置について、米国およびサウジアラビアの調査担当者は、イラン国内の、イラクとの国境付近にあるイランの軍事施設から攻撃が展開されたとの見解を示している27

 ②攻撃方法に関する議論

 攻撃方法に関しては、大きくドローンと巡航ミサイルの2種類のいずれか、ないしそれらの組み合わせによると考えられている。

 ア)ドローン
 フーシ派は、本攻撃では3種類のドローンを使用し、別々の地点から飛行させて攻撃を実行したと主張している。使用したドローンの1つ目はQasefシリーズの3世代目、2つ目は以前リヤドやアブダビの空港を攻撃した際に使用したSammad-3、そして3つ目は名称不明のジェットエンジン搭載型の新型ドローンとされる。しかし、新型のQasefやジェットエンジン搭載型ドローンの詳細、ドローンを発進させた地点等は明らかにしていない28

 本攻撃に使用されたドローンについては、慶応義塾大学SFC研究所の部谷氏が、9/18にサウジアラビアが記者会見で公開したドローンの残骸がイスラエル製のIAI Harpy NGに形状が類似していることから、このコピー品が使用されたのではないかと指摘している29。ちなみにIAI Harpy NGは2016年に発表された機体で、全長2.1m、両翼を含めた全幅2.7m、最大時速400km以上のスピードを出すことが出来るとされる30, 31

 イ)巡航ミサイル
 一方、今回の攻撃の正確性、フーシ派のドローンの性能不足を理由に、今回使用されたのは巡航ミサイルではないかと主張する専門家もいる。

 そうした専門家が本攻撃に使用されたとして挙げているのがQuds-1である(ただしQuds-1は大型のドローンとして扱われる場合もある)32。このミサイルは6/12にアブハ空港を攻撃した際に使用した兵器とされており、イランのSoumarミサイルと似た形状をしていることから、イランを通じてフーシ派の手に渡った兵器の一つと考えられている。撮影日時が明らかにされていないものの、サウジアラビアのソーシャルメディア上で公開されたミサイル残骸の画像がQuds-1と類似していることが、Quds-1を使用兵器と主張する根拠の一つとなっている。

 ただしQuds-1に搭載されているチェコ製のTJ100エンジン(ないしその模倣品)は、Soumarやその元となったKh-55に搭載されたエンジンに比べて出力が低いため、Quds-1の射程距離はSoumarの1350kmよりも短いという指摘もなされている33, 34。この場合、Quds-1はイエメン国内からではなく、イランやイラク、ペルシャ湾から発射されたこととなる。

 ウ)ドローンと巡航ミサイルの連携
 9/18に開かれた記者会見で、サウジアラビアは攻撃に使用されたとするドローン及びミサイルの残骸を公開、本攻撃はドローンとミサイル双方によって実行されたとの見解を示した。

 サウジアラビアは、使用された巡航ミサイルは射程距離700km程度のイラン製のYa Aliだとしているが、先述のように使用されたミサイルをQuds-1とする意見もあり、明確にはされていない。


4. 検討すべき要点

 これまで、本攻撃に係る事実、専門家による分析を紹介してきたが、明確な証拠が出されていない中で諸説があふれかえっている状況であり、何が真実だったのかは今もって明らかになっていない。しかし、明確な証拠が無くとも、これまで紹介してきた各説で取り上げられた要素を検討・分析していくことで、ある程度議論の焦点を狭めることが出来るかもしれない。そこで本項では、これまで出てきた鍵となる要素を取り上げ、それらに対する考察を通じて暫定的な見解を示す。

 ①フーシ派の攻撃能力

 まずは、フーシ派がドローンを使用して攻撃をした場合、どの程度の被害を生じさせることが出来るのか、という点である。この点について、これまでフーシ派が実施してきたと主張する攻撃事案との比較を通じて分析を試みる。

 これまで実行された攻撃事案については、表として2019年8月から9月にかけての攻撃事案をまとめ、図として過去1年間の各月ごとの攻撃事案数を整理した。なお、2019年7月以前の攻撃事案については、拙稿「イエメン・フーシ派によるドローン攻撃とその運用について」35にて表1と同様の表を用いて紹介をしているので、詳しくはこちらを参照願いたい。

 さて、これまでの攻撃事案を見てみると、サウジアラムコの施設、国際空港などの重要インフラに対する攻撃は複数回実行されていたが、本攻撃ほどの被害と影響をもたらしたものは無かったことが改めて分かる。フーシ派の主張によれば、本攻撃は異なる3か所からドローンを発進させ、同一目標に対する攻撃を実行したというものであり、もしそれが事実だとすれば、発進位置の選定、発進や到達のタイミングを巡る連絡調整など、かなり高度な分析と部隊間連携が成立していたことになる。また攻撃を受けた設備は、地上に露出し、しかもコンクリート製に比べれば破壊しやすいにも関わらず、石油精製プロセス上必須のものである。過たずに正確に設備を攻撃した点から、事前の分析・情報収集能力と、攻撃の正確性がこれまで類を見ないレベルに達していることが分かる。しかし、これまでの攻撃事案を見ても、ここまで高度な運用能力が示された事案は無く、最近の攻撃を通じて急速に能力が向上したというのも考えづらい。こうした点から、本攻撃をフーシ派が本当に実行したのかどうかについて疑いが生じるのもやむを得ないと私も考える。

 攻撃回数という観点では、すでに報道等で指摘されている通り、5月の石油圧送施設攻撃事案の後、2019年6月から8月にかけて攻撃が急増していることも分かる。しかし、9月の攻撃事案数は2019年6月から8月の攻撃事案数の半分程度と減少しており、フーシ派の攻撃能力にも息切れが見えてきたのか、とも思える。

 攻撃対象という観点で見ると、大半はサウジアラビア‐イエメン国境付近の諸都市だということが見て取れる。特に2019年8月から9月にかけては、ハミース・ムシャイトやキングハリド空軍基地に対する攻撃が大半を占めているという点が特徴的である。

 使用兵器という観点から見ると、国境付近の諸都市に対しては、2018年まではQasef-1を、2019年1月10日以降はQasef-2kと、いずれもQasefシリーズを用いて攻撃を実行している。一方、リヤドやアブダビ、サウジアラビア内陸部のサウジアラムコ施設に対しては、長距離の飛行が可能なSammadシリーズを用いて攻撃を実施している。

 使用兵器に関しては、一点不思議なことがある。フーシ派のメディアであるアルマシラは、各攻撃事案の報道発表の際、攻撃に使用したドローンの機種も合わせて紹介することが非常に多い。かなり小規模の攻撃にもかかわらず使用兵器を紹介する一方で、2019年5月14日の石油圧送施設攻撃、8月17日のシェイバー油田攻撃のような大規模攻撃事案については、なぜか使用したドローンの機種を明らかにしていない。また9月14日のアブカイク石油施設及びクライス油田への攻撃事案では使用したドローンの機種を発表しているものの、Sammad-3を除く新型の2機種については詳細を明らかにしていない。この点も、Sammad-3やQasef-2kが初めて使用された際の詳細な解説と比較すると強い違和感を覚える。こうした報道発表の仕方から感じるのは、特に世界を騒がせた大規模攻撃事案について、本当にフーシ派が攻撃を実行したのかという疑念である。

【表 2019年8月から9月の間に実行されたフーシ派によるドローン攻撃事案】
  日付 攻撃対象 使用兵器 概要
1 8/5 アブハ空港
キングハリド空軍基地
ナジュラーン空港
Qasef-2k Qasef-2kを使用し、3か所に対して断続的に攻撃を実施36。一方サウジアラビア側は、フーシ派のドローンによる同時攻撃が実施されたものの迎撃したと発表37
2 8/5 ハミース・ムシャイト 不明 アラブ連盟軍がフーシ派のドローン2機を撃墜38
3 8/8 アブハ空港 Qasef-2k 空港の航空管制塔等に対して攻撃を実施39。一方アラブ連盟軍は、アブハを狙うフーシ派のドローンを撃墜したと公表40
4 8/8 ジーザーン 不明 アラブ連盟軍がフーシ派のドローンを撃墜41
5 8/10 キングハリド空軍基地 Qasef-2k レーダー及び重要施設に対して攻撃を実施42
6 8/11 不明 不明 アラブ連盟軍がフーシ派のドローンを撃墜43
7 8/16 アブハ空港 Qasef-2k 空港内部の軍事施設に対して攻撃を実施44
8 8/17 シェイバーの油田及び精製施設 不明 10機のドローンがサウジアラムコの施設を攻撃。一部で出火が確認45。一方サウジアラムコは、攻撃と出火の事実は認めるも、原油生産への影響を否定46
9 8/22 ハミース・ムシャイト 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローン2機を撃墜47
10 8/22 キングハリド空軍基地 Qasef-2k 通信設備及び燃料庫に対して攻撃を実行48
11 8/24 ハミース・ムシャイト 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローン2機を撃墜49
12 8/25 アブハ空港
キングハリド空軍基地
Qasef-2k 両施設の管制塔に対して攻撃を実行50
13 8/25 キングハリド空軍基地 Qasef-2k 基地の通信施設に対して攻撃を実行51
14 8/25 ハミース・ムシャイト 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローンを撃墜52
15 8/25 不明 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローン2機を撃墜53
16 8/26 キングハリド空軍基地 Qasef-2k 基地の戦闘機ハンガーを攻撃54
17 8/26 不明 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローンを撃墜55
18 8/27 ハミース・ムシャイト 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローンを撃墜56
19 8/27 不明 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローンを撃墜57
20 8/27 キングハリド空軍基地 Qasef-2k 通信設備及び戦闘機ハンガーに対して攻撃を実行58
21 8/27 リヤド Sammad- 3 リヤドの軍事施設に対して攻撃を実行59
22 8/28 ナジュラーン
ジーザーン
Qasef-2k ナジュラーンの軍事施設、ジーザーンに展開中のサウジアラビア軍部隊を攻撃60
23 8/29 不明 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローンを撃墜61
24 8/29 不明 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローンを撃墜62
25 9/2 ジーザーン Qasef-2k サウジアラビア側の兵力を攻撃63
26 9/3 不明 不明 アラブ連盟がフーシ派のドローンを撃墜64
27 9/3 ハミース・ムシャイト 不明 アラブ連盟軍がフーシ派のドローンを撃墜65
28 9/5 ハミース・ムシャイト 不明 アラブ連盟軍がフーシ派のドローンを撃墜66
29 9/6 ハミース・ムシャイト Qasef-2k 軍事施設に対して攻撃を実行67
30 9/10 不明 不明 アラブ連盟軍がフーシ派のドローンを撃墜68
31 9/11 ナジュラーン 不明 アラブ連盟軍がフーシ派のドローンを撃墜69

【図 2018年4月から2019年9月までの各月の攻撃事案数】

 ②フーシ派のドローンの性能

 本攻撃の分析に当たり検討すべき項目の2つ目は、フーシ派ドローンの性能である。本攻撃がフーシ派によるものではないという主張の根拠の一つとして、フーシ派の保有するドローンでは、攻撃目標まで到達することが不可能だということが挙げられている。そこで、まずはフーシ派が主張するドローンの性能を確認し、フーシ派のドローンの性能が本攻撃実行に耐えうるものか否かを確かめる。

 繰り返しとなるが、フーシ派が本攻撃に使用したドローンは、①Qasefシリーズの最新機種、②Sammad-3、そして③新型のジェットエンジン搭載型ドローンの3種類である。 このうち、③については、いずれ詳細を公表するとフーシ派は宣言しているが、現時点でそのスペックは明らかにされていない。①についても、スペックが不明なのは③と同様である。しかし、これまでQasefという名称が付されたドローンは、いずれも航続距離100km程度であり、同様の名称が付された本機も、航続距離の観点では同程度のスペックを有しているものと想定される。

 本攻撃で使用されたドローンの内、唯一スペックが公開されているのが②のSammad-3である。Sammad 3は継続飛行距離が1500~1700km、爆発物投下・自爆攻撃のいずれも可能で、レーダーに探知されないための新技術も搭載しているとフーシ派は主張している70。国連の専門家パネルが2019年1月に公開した文書でUAV-Xという機体が取り上げられているが、形状、航続距離等から考えて、同文書自身が想定しているようにこれはSammad-3と思われる。同文書によると、航続距離は風の状況にもよるが1200~1500km程度とされ、飛行速度は時速200~250kmとされている71, 72

 国連の文書で紹介されたUAV-XがSammad-3と完全に同一であったとしたら、Sammad-3の飛行速度は低速と言わざるを得ない。低空を、弾道ミサイルに比して低速で飛行するドローンや巡航ミサイルに対して、パトリオットを中心としたサウジアラビアの防空網は探知が困難という指摘がなされているが73、仮にイエメンから飛ばされたとすると、長時間攻撃されやすい状態に置かれたSammad-3が、無事に目標にたどり着けたとは考えづらい。今公開されている材料から判断するに、本攻撃がイエメンから直接に実行された可能性は低いと考えられる。

 ③イラクのシーア派民兵のドローン運用能力

 3点目は、フーシ派、イランに続く攻撃主体候補として取り上げられるイラクのシーア派民兵のドローン運用能力である。イラクのシーア派民兵が、フーシ派以上に高度なドローン運用が可能であれば、本攻撃をイラクのシーア派民兵が実行したという主張の説得力が増すことになる。

 イラクのシーア派民兵は、同国内でのISISとの戦闘の中でドローンの運用技術を磨き、イランから供給されたドローンや街の商店で購入した商用ドローンを偵察等に利用してきた74, 75, 76。米軍関係者によれば、シーア派民兵によるものと思われる、商用ドローンを用いた米軍基地・部隊への偵察行動が、最近増加してきているという77。ドローンを用いた偵察活動については、活発に行っていることが伺える。

 一方、ドローンを用いた攻撃については、5月11日の石油圧送施設攻撃もイラクから実行されたという先述の情報を挙げることが出来る。これも確定した情報ではないものの、こうした情報がまことしやかに流れるということが、一定程度の運用能力を有していることの一つの指標とはなるだろう。

 しかし、これ以外の攻撃事案の例を調べてみたものの、筆者が調べた限りでは、フーシ派の事例とは異なり、ロイター通信等のメディアではほとんど記事化されていなかった。国際的な注目を浴びるような事件を起こしていないことが運用能力の低さの証明となるわけではないものの、確認できた範囲では、イラクのシーア派民兵がフーシ派を上回るほどの運用能力を保有しているとは言い難いだろう。

 ④使用された兵器

 使用された兵器が本当にドローンだったのか否かという問題について、ツイッター上には、飛翔物体が貯蔵タンクに衝突した後、タンクが炎上する様子を写した動画が投稿されている78。また、攻撃後にアブカイク石油施設内部がメディアに公開された際のニュース動画では、攻撃を受けた蒸留塔が黒焦げになりながらも、そのままの形で残存している様子が映し出されている79

 本攻撃に使用されたとして名前が挙げられているQuds-1は、26人が死傷した6月12日のアブハ空港攻撃に使用された兵器とされている。ミサイルが着弾した際の空港内部の動画や攻撃後の被害状況写真を見ると、Quds-1の破壊力のほどが伺える80, 81。しかしこのミサイルが石油施設内の蒸留塔や貯蔵タンクに着弾した際、蒸留塔や貯蔵タンクがそのままの形で残存するだろうか?

 無論攻撃に使用されたミサイルが6月12日のアブハ空港攻撃の際のものと同一と決まったわけではないし、仮に同一だったとしても、搭載されている爆薬量が同等とは限らない。被害の全容が明らかになっているわけではないので確定的なことは何も言えないが、少なくとも公開された動画に写っている施設は、巡航ミサイルよりは破壊力の低いドローンによる攻撃を受けた可能性が高いと思われる。

 ⑤暫定的な見解

 現状公開されている資料と、これまで行ってきた考察を踏まえると、本事件については以下の事が指摘できる。

 一点目は、フーシ派がイエメン国内から直接に攻撃を仕掛けた可能性は限りなくゼロに近い、ということである。これは、イエメンからアブカイク・クライス両施設までの距離、フーシ派が使用したと主張するSammad-3の性能から言えるだろう。

 二点目は、フーシ派に本攻撃を実行する能力が備わっているかどうかについて大きな疑義がある、ということである。本攻撃に求められる運用能力の高さとフーシ派が実行した攻撃事案を比較すると、その間にはかなりの乖離がある。

 三点目は、イラクのシーア派民兵のドローン運用能力は、フーシ派のそれを上回るほどではなさそうだ、ということである。

 四点目は、本攻撃で使用された兵器について、公開された映像等から判断するとドローンが主体的だった、ということである。巡航ミサイルによる攻撃を受けた際の映像、本攻撃後の施設の被害状況を見ると、巡航ミサイルよりは破壊力の低いドローンが主体的な役割を果たしていたと考えられる。

 以上を踏まえると、「誰が」という問いに関しては、フーシ派、イラクのシーア派民兵、イランという実行主体候補の中で一番否定材料が少ないのはイランということになる。ここでは動機の問題について深く考察することが出来ないが、現在進行中のアメリカとの交渉に対して何等かの影響を及ぼそうとした、と考えれば、さほど的外れではないだろう。

 一方「何を使って」という問いに関しては、上述の通りドローンが攻撃に主体的な役割を果たしていたと考えられる。これは巡航ミサイルとの併用説を否定するものではないが、仮に併用説を採るとしてもドローンの比重が大きかったと言えるだろう。

 無論ここでの見解は、いくつもの仮定を踏まえた上でのものに過ぎず、フーシ派自身が実行したことも、イラクのシーア派民兵が実行したことも、現時点で完全に切り捨てることは出来ない。しかし、以上の検討から、意図分析によって除かれていたイランによる実行説が、アメリカやサウジアラビアによるレッテル張り以上の現実味を帯びてきたということは言えるだろう。


5. 「確からしさ」を巡る争い・揺れる中東

 ドローンは安価で手軽に購入でき、誰もが、何処からでも使用することが出来る。無論軍事用ドローンとなれば商用ほど手軽ではないにしても、これまでの兵器に比べればその自由度ははるかに高い。ドローンが紛争に使用され、大規模な被害が生じたときにおこるのは、誰が攻撃したのかに関する「確からしさ」を巡る争いである。この争いに決着がつくことは稀であるが、攻撃を受け被害が生じた、という事実だけは残り、それが新しい事態を生み出す。

 本攻撃の後、サウジアラビア国内では、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子に対する批判が増加しているという。サウジアラビアの石油生産の中心施設に対して攻撃を許してしまったことが、これまでムハンマド皇太子の周りに集っていたエリート層や王族が彼の能力に対する疑念を呼び起こすことになったのが大きな原因のようである82

 一方、フーシ派にも動揺の様子が見られる。フーシ派は本攻撃の後も、さらなる攻撃の実行を示唆する発言を繰り返してきたが83, 84、実際には攻撃の回数は減少傾向にある。また攻撃直後の20日には、サウジアラビア側がイエメンへの攻撃活動を停止させるのであればドローン等を用いた攻撃を停止する、現在の情勢の解決のため関係する勢力による対話を実施すべきという提案を含む声明を発した85, 86, 87。アルアラビーヤによると、フーシ派の内部で、イランとの関係の在り方を巡る対立が生じており88、こうした内部対立の影響が表面化してきているようだ。

 悪化の一途をたどるアメリカ―イラン関係を背景に、8月下旬にはイラク国内のシーア派民兵拠点に対して、イスラエルのものと思われるドローンが大規模な攻撃を実施するなど、各勢力のせめぎ合いが激しさを増している。本攻撃とそれに伴う様々な方面の動揺は、このせめぎ合いにどのような影響を及ぼすのか、目を離すことが出来ない。(了)



参考文献

1 Dale Gavlak. Saudi Arabia's Sophisticated Defense Vulnerable to Drone Strikes. Voice Of America. 2019.9.17(確認日2019年10月15日)
https://www.voanews.com/middle-east/experts-saudi-arabias-sophisticated-defense-vulnerable-drone-strikes
2 Ahmed Tolba. Fires from drone attacks on two Aramco sites under control. Reuters. 2019.9.14(確認日2019年10月15日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-oil-attack/fires-from-drone-attacks-on-two-aramco-sites-under-control-saudi-govt-spokesman-idUSKCN1VZ02M
3 Second Deterrent Balance Operation Hits Abqaiq, Khurais Oil Refineries East of Saudi Arabia. Almasirah. 2019.9.14(確認日2019年10月13日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8774&cat_id=1
4 Tuqa Khalid. Saudi state TV reports Saudi oil exports are ongoing. Reuters. 2019.9.14(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-oil/saudi-state-tv-reports-saudi-oil-exports-are-ongoing-idUSKCN1VZ06K
5 Stephen Kalin, Rania El Gamal, Dmitry Zhdannikov. Attacks on Saudi oil facilities knock out half the kingdom's supply. Reuters. 2019.9.14(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-fire/attacks-on-saudi-oil-facilities-knock-out-half-the-kingdoms-supply-idUSKCN1VZ01N
6 Michael Richard Pompeo. 2019.9.15(確認日2019年10月15日)
https://twitter.com/SecPompeo/status/1172963090746548225
7 Maha El Dahan, Tuqa Khalid. Iran dismisses as "pointless" U.S. claims about Aramco attacks. Reuters. 2019.9.15(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/saudi-aramco-attack-iran/iran-dismisses-as-pointless-u-s-claims-about-aramco-attacks-tv-idUSD5N25Z007
8 Rania El Gamal, Parisa Hafezi. Iran dismisses U.S. claim it was behind Saudi oil attacks, says ready for war. Reuters. 2019.9.15(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/saudi-aramco-attacks/iran-dismisses-u-s-claim-it-was-behind-saudi-oil-attacks-says-ready-for-war-idUSL5N26605S
9 Roberta Rampton, Arshad Mohammed. U.S. blames Iran for Saudi oil attack, Trump says 'locked and loaded'. Reuters. 2019.9.16(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-attacks/u-s-blames-iran-for-saudi-oil-attack-trump-says-locked-and-loaded-idUSKBN1W00SA
10 Nael Shyoukhi, Lisa Barrington, Aziz El Yaakoubi. Saudi says Iranian sponsorship of attack undeniable, displays arms. Reuters. 2019.9.19(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-defence/saudi-says-iranian-sponsorship-of-attack-undeniable-displays-arms-idUSKBN1W3230
11 Jeff Mason, Stephen Kalin. Trump sees many options short of war with Iran after attacks on Saudis. Reuters. 2019.9.18(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco/trump-sees-many-options-short-of-war-with-iran-after-attacks-on-saudis-idUSKBN1W30TS
12 Aziz El Yaakoubi. Maher Chmaytelli. Chizu Nomiyama. Yemen's Houthis threaten to attack targets in the United Arab Emirates. Reuters. 2019.9.19(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/saudi-aramco-houthis-emirates/yemens-houthis-threaten-to-attack-targets-in-the-united-arab-emirates-idUSB2N24900N
13 Phil Stewart, Idrees Ali. United States sending troops to bolster Saudi defenses after attack. Reuters. 2019.9.21(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-usa-pentagon/united-states-sending-troops-to-bolster-saudi-defenses-after-attack-idUSKBN1W52K3
14 Steve Holland, Susan Heavy. U.S. sanctions Iran's central bank, fund after Saudi oil attack. Reuters. 2019.9.20(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-usa-iran/us-sanctions-irans-central-bank-fund-after-saudi-oil-attack-idUSKBN1W51Q4
15 Stephen Kalin, Rania El Gamal. Aramco reps describe missiles and fires as facilities were attacked. Reuters. 2019.9.21(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-tour/aramco-reps-describe-missiles-and-fires-as-facilities-were-attacked-idUSKBN1W52DG
16 Samuel Granados, Basile Simon, Prasanta Kumar Dutta. Strikes on Saudi oil disrupt global supply. Reuters. 2019.9.16(確認日2019年10月15日)
https://graphics.reuters.com/SAUDI-ARAMCO/0100B29Q1C3/index.html
17 Anthony Dipaola. Saudi Arabia Reveals Damage to Giant Khurais Oil Field. Bloomberg. 2019.9.20(確認日2019年10月15日)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-09-20/saudi-aramco-reveals-damage-to-giant-khurais-oil-field
18 Nastassia Astrasheuskaya, David Sheppard. Saudi Arabia says oil production restored to pre-attack levels. Financial Times. 2019.10.3(確認日2019年10月15日)
https://www.ft.com/content/e3c601b2-e5cb-11e9-b112-9624ec9edc59
19 Iran Says Yemen Drone Attacks on Saudi Oil Facilities ’Self-defense’. Almasirah. 2019.9.17(確認日2019年10月13日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8821&cat_id=1
20 Robbie Gramer, Elias Groll, Amy Mackinnon. What You Need to Know About the Attacks on Saudi Oil Facilities. Foreign policy. 2019.9.16(確認日2019年10月15日)
https://foreignpolicy.com/2019/09/16/what-you-need-to-know-about-the-attacks-on-saudi-oil-facilities-yemen-houthis-iran-who-attacked/
21 Maysam Behravesh. How drone attacks on Saudi Aramco might blow up US-Iran tensions. Aljazeera. 2019.9.16(確認日2019年10月13日)
https://www.aljazeera.com/amp/news/2019/09/drone-attacks-saudi-aramco-blow-iran-tensions-190916051658838.html
22 Isabel Coles. Dion Nissenbaum. U.S.: Saudi Pipeline Attacks Originated From Iraq. Wall Street Journal. 2019.6.28(確認日2019年10月13日)
https://www.wsj.com/articles/u-s-saudi-pipeline-attacks-originated-from-iraq-11561741133
23 Seth Frantzman. Iranian-backed Militias in Iraq May Have Used Drones against Saudi. Middle East Forum. 2019.6.30(確認日2019年10月13日)
https://www.meforum.org/58854/pro-iran-militias-in-iraq-used-drones-against-saudi
24 David Hearst. Iranian drones launched from Iraq carried out attacks on Saudi oil plants. Middle east eye. 2019.9.15(確認日2019年10月13日)
https://www.middleeasteye.net/news/exclusive-iranian-drones-launched-iraq-carried-out-attacks-saudi-oil-plants
25 Babak Taghvaee. 2019.9.14(確認日2019年10月15日)
https://twitter.com/BabakTaghvaee/status/1172854604863815681
26 Emily Judd . ‘Reliable sources’ say Khamenei ordered, Rouhani authorized Aramco attack. Alarabiya. 2019.9.30(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/09/30/NCRI-Reliable-sources-in-Iran-say-leaders-ordered-authorized-Saudi-oil-attack.html
27 Tim Lister, Nic Robertson. Source: 'High probability' Saudi attack launched from Iranian base near Iraq. CNN. 2019.9.17(確認日2019年10月13日)
https://edition.cnn.com/2019/09/17/middleeast/saudi-attack-iran-base-intl/index.html
28 "You are Next," Yemeni Armed Forces Spokesman Warned UAE Regime. Almasirah. 2019.9.19(確認日2019年10月13日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8860&cat_id=1
29 部谷直亮 「100億円戦闘機を叩き潰す10万円ドローンとは」プレジデント 2019.10.4(確認日2019年10月15日)
https://president.jp/articles/-/30094
30 Harpy. IAI(確認日2019年10月14日)
https://www.iai.co.il/p/harpy
31 Harpy. Globalsecurity.org(確認日2019年10月14日)
https://www.globalsecurity.org/military/world/israel/harpy.htm
32 David D. Kirkpatrick, Christoph Koettl, Allison McCann, Eric Schmitt, Anjali Singhvi and Gus Wezerek. Who Was Behind the Saudi Oil Attack? What the Evidence Shows. New York Times. 2019.9.16(確認日2019年10月13日)
https://www.nytimes.com/interactive/2019/09/16/world/middleeast/trump-saudi-arabia-oil-attack.html
33 Fabian Hinz. MEET THE QUDS 1. ARMS CONTROL WONK. 2019.9.15(確認日2019年10月15日)
https://www.armscontrolwonk.com/archive/1208062/meet-the-quds-1/
34 Fabian Hinz. A TRACE OF THE QUDS IN TEHRAN?. ARMS CONTROL WONK. 2019.9.24(確認日2019年10月15日)
https://www.armscontrolwonk.com/archive/1208139/a-trace-of-the-quds-in-tehran/
35 牧田純平「イエメン・フーシ派によるドローン攻撃とその運用について」2019.8.23
http://giest.or.jp/contents_20190823.htm
36 Yemeni Air Force Carries Out Broad Attacks on Saudi Airports, Air Base. Almasirah. 2019.8.5(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8140&cat_id=1
37 Houthi militia drones target Saudi airports. Alarabiya. 2019.8.5(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/05/Arab-Coalition-Houthi-militia-drones-target-Saudi-airports-.html
38 Arab Coalition intercepts two Houthi drones targeting Khamis Mushait. Alarabiya. 2019.8.5(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/05/Arab-Coalition-intercepts-two-Houthi-drones-targeting-Khamis-Mushait.html
39 Yemeni Air Force Carries out 2 Large Operations, with Drones, Qasef-2K, on Saudi Abha Int. Airport. Almasirah. 2019.8.9(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8198&cat_id=1
40 Coalition intercepts Houthi drone targeting Saudi Arabia’s Abha. Alarabiya. 2019.8.9(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/09/Coalition-intercepts-Houthi-drone-targeting-Saudi-Arabia-s-Abha.html
41 Arab Coalition intercepts Houthi drone targeting Saudi Arabia’s Jazan. Alarabiya. 2019.8.8(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/08/Arab-Coalition-intercepts-Houthi-drone-targeting-Saudi-Arabia-s-Jazan-.html
42 Yemeni Air Force Launches Fresh Drone Attacks King Khalid Air Base, Aseer. Almasirah. 2019.8.12(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8246&cat_id=1
43 Coalition shoots down Houthi drone launched from Sanaa. Alarabiya. 2019.8.12(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/12/Coalition-shoots-down-Houthi-drone-launched-from-Sanaa.html
44 Using Qasef 2K Drones, Yemeni Air Force Targets Sensitive Military Sites in Abha Airport. Almasirah. 2019.8.17(確認日2019年10月15日)
http://english.almasirah.net/details.php?es_id=8311&cat_id=1
45 Yemeni Air Force Conducts Largest Attack in Saudi Depth Since Aggression on Yemen Began. Almasirah. 2019.8.17(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8319&cat_id=1
46 Saudi Aramco Acknowledges Damage at Shaybah Oil Field Following First Operation of Balanced Deterrence. Almasirah. 2019.8.18(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8322&cat_id=1
47 Coalition forces intercept two Houthi drones targeting Khamis Mushait. Alarabiya. 2019.8.22(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/22/Coalition-forces-intercept-Houthi-drone-targeting-Khamis-Mushait.html
48 In Two Attacks, Air Forces Target King Khalid Air Base with Drones Qasef 2K. Almasirah. 2019.8.22(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8390&cat_id=1
49 Arab Coalition intercepts Houthi drones targeting Saudi cities. Alarabiya. 2019.8.24(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/24/Arab-Coalition-intercepts-two-Houthi-drones-targeting-Saudi-city-Khamis-Mushait.html
50 Yemeni Air Force Targets Saudi Airport and Airbase, Asir. Almasirah. 2019.8.25(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8440&cat_id=1
51 Yemeni Air Force Targets, with a number of drones, Qasif 2K, Saudi King Khalid Airbase, Asir. Almasirah. 2019.8.26(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8457&cat_id=1
52 Arab Coalition intercepts Houthi drone targeting Saudi Arabia’s Khamis Mushait. Alarabiya. 2019.8.25(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/25/Arab-Coalition-intercepts-Houthi-drone-targetting-Saudi-Arabia-s-Khamis-Mushait.html
53 Arab Coalition intercepts two Houthi drones targeting Saudi territories. Alarabiya. 2019.8.26(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/26/Arab-Coalition-intercepts-two-Houthis-drones-targeting-Saudi-territories.html
54 Again, Air Forces Target King Khalid Air Base with Qasef 2K Drones. Almasirah. 2019.8.27(確認日2019年10月15日)
http://english.almasirah.net/details.php?es_id=8481&cat_id=1
55 Arab Coalition intercepts Houthi drone in Yemen heading to Saudi Arabia. Alarabiya. 2019.8.26(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/26/Arab-Coalition-intercepts-Houthi-drone-in-Yemen-heading-to-Saudi-Arabia.html
56 Arab Coalition intercepts, downs Houthi drone fired toward Saudi Arabia. Alarabiya. 2019.8.27(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/27/Arab-Coalition-intercepts-downs-Houthi-drone-fired-toward-Saudi-Arabia.html
57 Arab Coalition intercepts, downs Houthi drone launched from Yemen’s Sanaa. Alarabiya. 2019.8.27(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/27/Arab-Coalition-intercepts-downs-Houthi-drone-launched-from-Yemen-s-Sanaa.html
58 Again, Air Forces Target King Khalid Air Base with Qasef 2K Drones. Almasirah. 2019.8.27(確認日2019年10月15日)
http://english.almasirah.net/details.php?es_id=8481&cat_id=1
59 A Number of, Sammad 3, Hit Military Targets in Saudi Capital, Riyadh. Almasirah. 2019.8.27(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8477&cat_id=1
60 Air Forces Target Najran, Jizan with Drones Qasef 2K. Almasirah. 2019.8.28(確認日2019年10月15日)
http://english.almasirah.net/details.php?es_id=8504&cat_id=1
61 Arab Coalition intercepts Houthi drone fired from Sanaa toward Saudi Arabia. Alarabiya. 2019.8.29(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/29/Arab-Coalition-intercepts-Houthi-drone-fired-from-Sanaa-toward-Saudi-Arabia.html
62 Arab Coalition intercepts Houthi drone fired from Saada toward Saudi Arabia. Alarabiya. 2019.8.29(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/08/29/Arab-Coalition-intercepts-Houthi-drone-fired-from-Sanaa-toward-Saudi-Arabia.html
63 Air Forces Target US-Saudi Mercenaries Gatherings, in Jizan with Qasif 2K. Almasirah. 2019.9.2(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8581&cat_id=1
64 Arab Coalition downs Houthi drone launched toward Saudi Arabia. Alarabiya. 2019.9.3(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/09/03/Arab-Coalition-Houthis-fire-drone-from-Yemen-s-Amran-province-.html
65 Arab Coalition intercepts Houthi drone targeting Khamis Mushait. Alarabiya. 2019.9.3(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/09/03/Arab-Coalition-intercepts-Houthi-drone-targeting-Khamis-Mushait.html
66 Houthi drone intercepted in Saudi Arabia’s Khamis Mushait: Arab Coalition. Alarabiya. 2019.9.5(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/09/05/Houthi-drone-intercepted-in-Saudi-Arabia-s-Khamis-Mushait-Arab-Coalition.html
67 Yemeni Air Force Attacks Saudi Important Military Target in Khamis Meshait. Almasirah. 2019.9.6(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8640&cat_id=1
68 Coalition forces intercept, down Houthi drone in Yemeni air space. Alarabiya. 2019.9.10(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/09/10/Coalition-forces-intercept-down-Houthi-drone-in-Yemeni-airspace.html
69 Arab Coalition says it downed Houthi drone heading toward Najran. Alarabiya. 2019.9.11(確認日2019年10月15日)
https://english.alarabiya.net/en/News/gulf/2019/09/11/Arab-Coalition-says-it-downed-Houthi-drone-heading-toward-Najran.html
70 Features and Capabilities of Samad-1, Samad-3 Drones. Almasirah. 2019.7.10(確認日2019年10月15日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=7764&cat_id=1
71 Attacks on Saudi oil facilities: the riddling of weapons experts. The Limited Times. 2019.9.16(確認日2019年10月15日)
https://newsrnd.com/tech/2019-09-16--attacks-on-saudi-oil-facilities--the-riddling-of-weapons-experts-.ryVu8LaIH.html
72 Letter dated 25 January 2019 from the Panel of Experts on Yemen addressed to the President of the Security Council - Final report of the Panel of Experts on Yemen. Security Council Report. 2019.1.25(確認日2019年10月15日)
https://www.securitycouncilreport.org/atf/cf/%7B65BFCF9B-6D27-4E9C-8CD3-CF6E4FF96FF9%7D/s_2019_83.pdf
73 Stephen Kalin, Sylvia Westall. Costly Saudi defenses prove no match for drones, cruise missiles. Reuters. 2019.9.18(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-security/costly-saudi-defenses-prove-no-match-for-drones-cruise-missiles-idUSKBN1W22FR
74 Austin Michael Bodetti. How Iranian-Backed Shia Militias Got US Drones Offiziere.ch 2017.6.6(確認日2019年10月13日)
https://www.offiziere.ch/?p=31076
75 Austin Bodetti. Iraqi militias are using consumer drones to fight Isis. WIRED. 2016.6.28(確認日2019年10月13日)
https://www.wired.co.uk/article/iraq-isis-war-consumer-drones
76 Graham Templeton. Who really invented Iraq’s ‘Al Robot’ combat drone?. EXTREMETECH. 2016.11.3(確認日2019年10月13日)
https://www.extremetech.com/extreme/238827-invented-iraqs-al-robot-combat-drone
77 Babak Dehghanpisheh, Phil Stewart. From Iraq to Yemen, drones raise U.S. alarm over Iranian plans. Reuters. 2019.7.18(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-mideast-iran-drones/from-iraq-to-yemen-drones-raise-u-s-alarm-over-iranian-plans-idUSKCN1UC1X4
78 CNW. 2019.9.30(確認日2019年10月15日)
https://twitter.com/ConflictsW/status/1178584013478535169
79 CNN. 2019.9.21(確認日2019年10月15日)
https://twitter.com/CNN/status/1175232200666681344
80 Survivors of Houthi missile attack describe moment explosion ripped through Abha airport. ARABNEWS. 2019.6.13(確認日2019年10月13日)
https://www.arabnews.com/node/1510471/saudi-arabia
81 Human Rights Watch declares Houthi Abha airport attack a ‘war crime’ as another missile targets city. ARABNEWS. 2019.6.15(確認日2019年10月13日)
https://www.arabnews.com/node/1511141/saudi-arabia
82 Cassell Bryan-Low. In Saudi Arabia, criticism of Crown Prince grows after attack. Reuters. 2019.10.3(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-crownprince-exclusive/exclusive-in-saudi-arabia-criticism-of-crown-prince-grows-after-attack-idUSKBN1WH227
83 Aziz El Yaakoubi, Kevin Liffey. Yemen's Houthis say Aramco plants still a target. Rerters. 2019.9.16(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-houthis/yemens-houthis-say-aramco-plants-still-a-target-tweets-idUSKBN1W10KL
84 Aziz El Yaakoubi, Maher Chmaytelli, Chizu Nomiyama. Yemen's Houthis threaten to attack targets in the United Arab Emirates. Reuters. 2019.9.19(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/saudi-aramco-houthis-emirates/yemens-houthis-threaten-to-attack-targets-in-the-united-arab-emirates-idUSB2N24900N
85 Ahmed Tolba, Eric Knecht. Yemen's Houthis say will cease targeting Saudi Arabia if other side does same. Reuters. 2019.9.21(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/yemen-saudi/yemens-houthis-say-will-cease-targeting-saudi-arabia-if-other-side-does-same-al-masirah-idUSL5N26B4XR
86 Ahmed Tolba, Eric Knecht, Cynthia Osterman. Yemen's Houthis propose to Saudi Arabia that both sides halt missile strikes. Reuters. 2019.9.21(確認日2019年10月13日)
https://www.reuters.com/article/us-yemen-saudi/yemens-houthis-propose-to-saudi-arabia-that-both-sides-halt-missile-strikes-idUSKBN1W5261
87 Yemen Launches Peace Initiative with Saudi-led Aggression. Almasirah. 2019.9.21(確認日2019年10月13日)
https://english.almasirah.net/details.php?es_id=8893&cat_id=1
88 Fatima Abo Alasrar. The Houthis cover up for Iran. Here is why. Alarabiya. 2019.9.29(確認日2019年10月13日)
https://english.alarabiya.net/en/views/news/middle-east/2019/09/29/The-Houthis-cover-up-for-Iran-Here-is-why-.html